リロケーションと一般借家

リロケーション物件は、家屋の所有者が、将来帰宅することを条件として賃貸借する物件で、基本的には賃貸借期間が予め設定され、所有者の余程の理由がない限り、賃借人は退去しなくてはなりません。

リロケーションは、期間が限定された賃貸住宅で、「良質な賃貸住宅等の供給の促進に関する特別措置法」の第38条(定期建物賃貸借)に記載されているように一般的には更新することのできない賃貸住宅です。
一方、借家は賃借人と賃貸借契約を行い、一定の時期が到来すると更新の有無を問われ継続的に賃貸借契約が行われる従来型の借地借家法に基づく賃貸住宅となっています。
この一例としては、所有者の家屋があり、親族等の財産である家屋の提供を受けた場合、営利目的をもって賃貸住宅とすることです。
リロケーション家屋は、期間が限定されるため、良質の建物であっても一般の借家より安く賃貸できる可能性がありますから、将来賃借人がマイホームを考えておられる場合の参考にもなります。

リロケーションの契約事項として必要なことは、定期建物賃貸借による賃貸物件である旨の説明を記載した書面を賃借人に交付しなければその効力はありません。
また、期間満了の1年前から6ヶ月前までの間(通知期間)に賃借人に通知しなければ賃貸終了を建物の賃借人に対抗できず無効となります。
そして、賃借人側もやむを得ない事情(転勤、療養、親族の介護、その他)により賃貸借契約の履行ができない場合は、解約の申し入れができ、その日から1ヶ月を経過すれば解約は成立です。
賃貸は日常生活で必ず発生する問題ですから、必ず契約書を作成し双方が確認できるようにしておいてください。



*Recommend Site*
家を貸すリロケーションの賃料査定が可能なサイトです --- 家を貸す